画像(同軸型ユニット)ユニット名 コメント
モニター・ 
ブラック
(1号機)                                   

 

【販売:1947‐1953  】
SP盤時代に製造されたSP盤に合う音です。
1号機では、クラシック、ジャズも素晴らしい音で鳴ります。
タンノイのユニットの中では最も質感の高い音です。
箱はオートグラフではありません。(下記画像参照)
現在では超入手困難なユニットです。

 

モニター・
シルバー
15Ω        

販売:1953‐1957】
モノラルのレコードの出始めに製造され、モノラル盤がうまく鳴るユニットです。
前期タイプ
全体が黒い布ですっぽりと覆われています。この布のために音のヌケが少し悪い感じがあります。現在ではボロボロになっているものがほとんどですが、外せばよくなります。
※前期はセンターキャップがないので、布で覆われてました。
後期タイプ
布で覆われてはいません。音は前期、後期タイプで違いはほとんどありません。
※モニターレッドと比べて、上下の伸びはイマイチですが、それを補って余りある音の質感、そして何よりも渋い音が魅力。この音に慣れるとレッドは聞けないという方もいます。
中域の質感の高い充実度は特筆ものです。

モニター・
レッド
15Ω

 【販売:1957-1967】
ステレオ盤と同時期に製造されたユニット。ステレオ盤によくマッチした音で鳴ります。
初期ⅢLZに搭載(1961年から10吋のレッドを使用)
前期タイプ
コーン紙のところのセンターキャップが飴色になります。
後期タイプ
センターキャップは黒色です。
音の違いは、後期タイプは上がさらに伸びて、少しにぎやかな音になります。
五味康祐氏で有名なレッド搭載のオートグラフはオーケストラ再生でその本領が発揮されます。シルバーにはない、上下の伸び(レンジ感)がクラシック・ファンには高評価のユニットです。ヴァイオリンの高音の伸びは魅惑の響きを奏でます。

モニター・
ゴールド

 

【販売:1967‐1974】
トランジスタの登場で、これに対応するため8Ωのインピーダンスに変更されたユニット。後期ⅢLZに採用。国内ではシュリロ貿易が総代理店として輸入を開始。
低域がやや膨れて、分解能が少々落ちた感じの音になりますが、現代の音楽に向いている傾向の音作りです。
ⅢLZの中でお薦めできるのはこのゴールドから以前のタイプです。十分にタンノイらしい魅力的な音がします。
これで大人のジャズを楽しむことも可能です。

 HPD

 【販売:1974‐1979】
アーデン、バークレー、チェビオット、デボォン、イートンに採用される。
国内はTEACが代理店となる。
ⅢLZ(チャーヴェニング)に採用される。

HPD315はタンノイ最後のアルニコ仕様です。
【前期タイプ

左画像のようなマグネットのカバーの色。
後期タイプ
マグネットカバーがゴールドに近い色合いになります。
ネットワークの形状も違ってきます。アッテネーターとターミナルが別々。

DC386

【販売:1979~
アーデンMkⅡ、バークリーMkⅡに採用される。

※この時期からアルニコからフェライトへ変更になる。

 K3808

 

 

【販売:1979~
スーパー・モニター・レッドに採用される。



 
【モニター・レッド前期タイプ:飴色センターキャップ】

【 TANNOYのユニットの選び方について】-同軸型2wayユニット

●ブラックからゴールドまではフィクスドエッジです。ゆえにゴールドまでは低域の切れがあります。
●ゴールド以前のユニットはより音楽性豊かな表現力があります。
●音の質感、密度、表現力においてはブラックに近くなるほど高まります。
●高域、低域の伸びはレッド、ゴールドにあります。オーケストラの雰囲気はレッドが得意とするところです。
●音を聞くならゴールド、音楽を聞くならシルバー、レッドといったところでしょうか。
●HPD以降はコーン紙の重量が重くなり、音の反応がやや劣りますが、新しい録音はうまく鳴らします。 

・シルバー、レッド、ゴールドは現在、品薄で入手困難な状況になっているのが現状です。
・特にシルバーと初期レッドの極上品は希少、貴重品です。
・ゴールドも良い状態のものが容易には見つからなくなってきています。
・タンノイユニットは一生ものとしてご使用され、愛機とされるお客様が多いユニットです。
・良い状態のユニットを選択し、価格だけで選ばずに入手されることをお奨めいたします。

 

Silver

Red (初期型)

RedGoldHPD385
(初期型)
HPD315

 


●タンノイ・ユニット用のエンクロージャー

   
♦タンノイ1号機(オリジナル) 38cmモニター・ブラック     ♦1号機(エンブレム&金網ネット)


                 ・タンノイ1号機(オリジナル) 30cmシルバー・ユニット入り
                                   ※ブラック30cmは極めて少ない。

 
      
♦オートグラフ:1953~1974                    ♦ミニ・オートグラフ(日本製)ユートピア製品

  ♦GRF:1955~1974                                                ♦べェルヴェデーレ (米国タンノイ)

  

                                    レクタンギュラーG.R.F (英国製オリジナル)モニターレッド(飴キャップ)
  

   ♦ⅢLZ  (モニター・レッド入り初期型)          ♦ⅢLZ  (モニター・ゴールド入り後期型)

♦ⅢLZ(モニター・ゴールド・ラージ・フレーム)
 
ゴールドの中でもフレームの幅が広いタイプです。
普通のタイプよりも音が優れており、希少なⅢLZで入手困難なスピーカーです。

 

   ♦スターリングSE (ⅢLZの後継機、25cm同軸2wayユニット、8Ω、フェライト)