エディト・パイネマン(Vn)/ベルリン・リサイタル1970・1982

エディト・パイネマン(Vn)/ベルリン・リサイタル1970・1982

販売価格: ¥15,400(税込)

数量:

商品詳細

演奏者エディト・パイネマン(ヴァイオリン)
ヘルムート・バルト(ピアノ)
録音:[LP1][LP2-A]1970年11月5日、[LP2-B]1982年6月22日/自由ベルリン放送第3ホール
曲目[LP1-A]シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1 番イ短調 Op.105
[LP1-B]ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2 番イ長調 Op.100
[LP2-A]シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ(ソナチネ)第3 番 ト短調 D.408
[LP2-B]ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4 番 イ短調 Op.23
レーベルALTUS
LP番号WEITLP 034/5
その他

(2LP)
ステレオ
国内プレス
完全限定生産盤
日本語帯・解説付

 ※12月中旬発売予定

★ WEITBLICK レーベルからリリースされた貴重音源をLP 化。LP 用にリマスターを施し、アナログのマスターテープを作った上で LP 化しております。
★ストックホルム・フィルとスウェーデン放送が認めた、正規盤初登場となるスウェーデン放送全録音集(2 巻分売)です。ブラームスの「ドイツ・レクイエム」は巨匠唯一の完全全曲録音であり大変貴重。崇高でありながら燃え上がる情熱が同居した奇跡的な名演です。シュトラウスの「ドン・ファン」、ワーグナーの「トリスタン」はフルトヴェングラーの語り口の巧さが特筆もの。物語性の強い、うねる様なロマンが炸裂しています。